証券会社

株365を学ぼう

投稿日:2017年5月30日 更新日:

「株365?」と感じる人も多くみられますが、これは2010年より開始された比較的歴史の浅いサービスです。公の取引所において行われる株価指数証拠金取引となっています。株365は、日経225やNYダウ、DAX、FTSE100の証拠金取引ができるので注目されていますし、一部の取引では1日当たり約23時間取引できるようになっています。

一般的な日本の株式投資をしていると、取引可能な時間帯が少ないことに気づくはずです。しかし株365であれば、日経225証拠金取引をほぼすべての時間行うことができるのです。投資を行う上でタイミングというのは非常に大切で、日本や世界で何らかの事件や出来事があると大きく株価などが変動します。そういった動きにいち早く対応したいのであれば、株365の利用がおすすめでしょう。

様々な分野においてグローバル化している時代ですから、当然のことながら投資の世界も同様です。例えばアメリカやイギリスの市場で取引をしたいと考えた場合、ネックになるのは時間の問題や通貨が異なるという問題でしょう。

株365によってNYダウ、DAX、FTSE100の取引を行えば、気がかりな通貨の違いに関する問題に頭を悩ませることはありません。円建てで取引ができるというのはとてもありがたいことですし、金融や投資に関する知識があまり無い方も積極的にチャレンジできそうです。そして株365であれば、最大100倍の証拠金取引も可能

になり、実際に自分が所有している金額以上の投資ができるようになります。当然これにはリスクも発生しますが、レバレッジを求めている投資家の方も非常に多いため重宝されているのではないでしょうか。株365は、KOYO証券でも取り扱いをしています。

法律に基づいてKOYO証券は、預かった証拠金を東京金融取引所に預託しているとのことです。ということは、もしKOYO証券が倒産などしても、基本的に証拠金はすべて保護されるので安心でしょう。株365は魅力的な部分が色々とありますし、他の投資方法とは少し異なった部分もあります。

やはり中でも特に注目したいのは、一部の取引は1日約23時間の間可能だということではないでしょうか。KOYO証券は問い合わせ窓口も設けており、質の高い対応してくれます。株365をはじめ、投資に関する相談にも乗ってくれるので、これまでにあまり投資経験がないという人も安心できそうです。

関連ページ:KOYO証券ってどうなの?

 

-証券会社

Copyright© KOYO証券・岡三証券他、証券会社の有名どころを比較 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.