証券会社

岩井コスモ証券(旧 岩井証券)ってどうなの?

投稿日:

岩井コスモ証券(旧 岩井証券)は、日本株式やアメリカの株式、債権、投資信託を販売しており、FX取引もすることができる総合証券会社です。岩井コスモ証券(旧 岩井証券)は、2017年の12月に創業100年になる、老舗の企業です。

岩井コスモ証券(旧 岩井証券)での取り引き方法には、専任の担当者が相談や提案などを顔を合わせてする対面取引と、コールセンターなどで売買の注文を受けてくれるコール取引、インターネットから売買注文を行うネット取引があります。それぞれの取引によって、売買手数料が違い、手数料が高い順でいくと、対面取引、コール取引、ネット取引になります。岩井コスモ証券(旧 岩井証券)は、対面取引でもコール取引でも、プラスネットというものがあり、対面取引やコール取引の口座の人でも、ネット取引を利用することができます。ただし、プラスネットでは、外国株式や信用取引は利用することがでにません。

対面取引で相談にのってくれる担当者は、ニューヨークとのテレビ会議が毎朝行われており、グローバルな知見を行かして相談にのってくれます。また、コール取引でも専任の担当者が、投資アドバイスから資産の運用管理までアドバイスをしてくれます。初めて取引する人でも、安心して始められるようになっています。それでも、対面取引より売買手数料が割安になっています。

岩井コスモ証券(旧 岩井証券)では、外国株式も取引することができます。取引できる外国株式は、アメリカ株だけだなく、中国株、ベトナム株を取引することができます。


岩井コスモ証券(旧 岩井証券)は、信用取引にも力を入れています。多くの人が手数料の安いネット専業の大手ではなく、岩井コスモ証券(旧 岩井証券)での信用取引を選んでいます。対面取引で行う信用取引は、他の証券会社だと、売買の手数料が高かったりします。しかし、岩井コスモ証券(旧 岩井証券)は、信用取引でも手数料が安いのです。1日定額アクティブコースというのがあり、1日の約定金額の合計が一定額なら、1日何回取引をしても定額の手数料でいいのです。1回の取引が少額で、1日何回も取引をする人にはありがたいサービスです。また、信用取引で日計り取引をした場合は、片道の手数料が無料になります。さらに、マンスリーコースというサービスもあり、月初の取引時に1ヶ月分の手数料を支払うことで、規定回数までの売買取引が定額になるサービスがあります。これは、信用取引だけだなく、現物の株式の売買にもあるサービスになります。

-証券会社

Copyright© KOYO証券・岡三証券他、証券会社の有名どころを比較 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.